ヒゲヤーマン’s blog

“ 延すぞ 健康寿命 ” をニッコリ シッカリ進めるのじゃ〜

鎭 雄 記[第一段]


f:id:higeyahman:20170501060629j:image

№2 幼 児 期 

この写真はおそらくは、昭和13〜4年頃と思われます。

場所は早稲田近辺かと考えられますが、この間の正確な事情を知る者は最早存命では無いので分かりません。

兄の誕生は昭和9年朝鮮の京城となっていますので、当時山本家は今の ソウル に居たことが戸籍の記録に残っています。

考えてみると、戦前は朝鮮も台湾も日本の統治下でしたから、割と安直に移動していたと考えられます。而も移動は船ですよ。

それにしても、我が家はどんな方針を持っていたのでしょうか。

私が5〜6才頃には中国に渡っていますから ( 兄は学校がある為 ) 祖父母に預けて同行しなかった。まるでジプシーですナ。

写真は中国に行く前です。

3歳違いの兄は、天皇陛下と同い年ですが現在は、練馬富士見台に健在です。先日 父の命日に連絡を取ったばかりですが思った以上に元気でしたネ。良かった。

記憶も定かでなく、戦後の引き揚げに際しても、写真等持ち帰る事が出来なかったので、内地に送ってあった物の内の僅かな残りをご覧に入れます。

こんな話でも終わりまでお付き合いを頂き有難うございます。

では 又 ヨロピク ね!