ヒゲヤーマン’s Heblog

“ 健 康 寿 命 ” を延ばすも縮めるのも自己責任 シッカリ 正そう生活習慣

鎭 雄 記

鎮 雄 記 【第八段】

戦没者追悼式 於:日本武道館 ようこそ いらっしゃいました。 今日は ”72回目 終戦の日 “ です。 全国戦没者追悼式が、日本武道館で開かれました。 天皇、皇后両陛下をお迎えし、戦没者の遺族や多数の参列者と共に追悼しました。 正午の時報に合わせて参列者全…

鎭 雄 記[第七段]

親 父 の 姿 。 いらっしや〜い ❢ 少 年 期 在 中 国 ( 当時 4〜5 歳 ) 在りし日の父 山本徳次郎 昭和16年前後、撮影場所は中国南通市か?軍属と聞いていたので、何かの都合で陸軍の服装をしているのではないか? この写真に関して、話を聞いたことは無いので事…

鎭 雄 記[第六段]

昭和19年頃 上海神社の記念碑の前にて 日本は神の国である。だから 日本の行く所 神 在りで、神社も当然ある訳ですネ。誰を祀ってあったかは不明。 昭和19年はワシが上海市第五國民學校に入学した年です。 兄も内地から転校して来た。兄との記憶は上海時代から始ま…

鎭 雄 記[第五段]

幼年期 地名をグーグルアース 上で探すと 上海は右下 南通は中央 揚子江の北 ジョコウは更に上方左寄り 如● の表記 中国に渡った山本一家 ( 兄は内地に残ったので ) ジョコウの家の中庭で。叔母が写っているので 南通 か上海と思 われる。撮影は父親。 趣味で写…

鎭 雄 記[第七段]

少年期 上海公園にて 昭和19〜20年頃 兄と “ 上海市第五国民学校 ” 在学中。勿論日本人の学校で市内には少なくとも五校以上は有りましたネ。 徒歩で登校していた。学校で『警戒警報』で『防空壕』に入った事も有りました。しかし上海が攻撃を受ける事は無かった…

鎭 雄 記[第四段]

№5幼年期 昭和17年頃か?自宅の前庭で父親が “ ライカ ” で撮影したもの。 前回の 南通 より更に奥地に行った ジョコウ ( 如+コウ文字不明 ) 城壁に囲まれた村、当時日本人家族は我が家のみ。日本軍の駐屯地があった模様。記憶は朧げですョ。 周りは中国人だら…

鎭 雄 記[第三段]

№4幼年期 これは ” 南通 “ ではないか?昭和16〜7年頃 中国人の子供服で。 地図を見ると中国の揚子江の下流に上海市は有るが、これはごく大雑把に言えばですけど。なにしろ70年も昔の話ですから記憶も怪しいのですけど、記録に残すつもりで書きますネ。 上海は、…

鎭 雄 記[第ニ段]

№3 幼 年 期 昭和14〜15年頃神奈川県鶴見に縁がありますが、森永の工場の近く? 集まっているメンバーから考えられるのは、何らかの行事の為か、祖父母を先頭に山本家一族に、集合命令が出たものと推察されますその折か?。 ワシは、中央祖父母と兄の間に エプロ…

鎭 雄 記[第一段]

№2 幼 児 期 この写真はおそらくは、昭和13〜4年頃と思われます。 場所は早稲田近辺かと考えられますが、この間の正確な事情を知る者は最早存命では無いので分かりません。 兄の誕生は昭和9年朝鮮の京城となっていますので、当時山本家は今の ソウル に居たこと…

鎭 雄 記[序 段]

乳 児 期 1938年 (昭和13年)頃 多分 早稲田 辺の写真館で。 1歳写真の現物は既に無くて .JPG になった物しか無い。 当時は旧戸籍法下の戸籍では、実際の出生日や場所も違いますが、余り正確さは求められなかった様子です。 日付けは11日ずれ、場所は医療機関では…